運動習慣とは

運動不足や問題のある食事習慣(栄養の偏りや食べ過ぎ)が成人病になる原因の生活習慣の代表です。

成人病とは糖尿病、高血圧症、動脈硬化、心臓病、悪性腫瘍、
通風、骨の退行性変性など、40代から60代半ばの中年から老年に向かう
働き盛りに発症することが多い病気を総称していいます。

その中でも、ガン、心臓病、脳卒中を、「三大成人病」と呼びます。

中高年の死亡率の上位3位がこの病気によるもので、
全体の死亡率でも60パーセントを占めているとまでいわれます。

運動の大切さはわかっていても、それを日常生活のなかで習慣化するのは なかなか難しいものです。

いったいどうしたら生活のなかに「運動習慣」を取り入れることができるのでしょうか?

もっとも大切なことは、「運動を楽しむ」ということです。
人それぞれによって、生活スタイルが違いますし、何を楽しい、
価値があると感じるかも違います。

しかし、運動という言葉を聞いただけでストレスに感じ、
自分の身体に鞭を打つようにして重い腰を上げるようでは、長続きしないでしょう。
もちろん運動をやっていて楽しくありませんよね。

運動を楽しく、長続きするためのコツは、まずは運動に対する精神的なハードルをさげることです。 そして背中を押してくれるようなもの、あるいは人を探すことです。

たとえば、「運動」と力まなくても、歩くだけでもいいでしょうし、 若い頃にやっていたことがあるスポーツならば、始めやすいでしょう。

また、一緒に運動をやってくれる人がいたりすると、お互い励みになりますよね。

生活習慣病とは

ガン、心臓病、脳卒中の三大成人病をはじめ、動脈硬化、高血圧症、心臓病、
悪性腫瘍、糖尿病、通風などの成人病は慢性的な疾患が多いです。

これら成人病は悪い生活習慣が病気の引き金となったり、 あるいは病気の温床となっていることから「生活習慣病」と呼ばれることもあります。

これらの多くには、いくつかの共通点があります。

●働き盛りの中年以降の人の罹患率が多いこと。
●問題のある食事習慣。栄養管理が悪く栄養に偏りがあったり、食べ過ぎている。
●運動不足

成人病の多くは、当初は自覚症状がないままに症状が進行していきます。 そのため気がついたときには手遅れとなっていたというケースも多いのです。

40代から60代という年代は、仕事や子育て、そのほか人生で最も多忙を極める時期です。 ストレスも多く、自分の食事や健康を振り返る余裕がないという人が多いでしょう。

また、ストレスから食べ過ぎて肥満になる人も急増しています。 ガリガリにやせた栄養不良状態は決して良いとはいえませんが、 でっぷりとお肉がついているからといって栄養的に問題が無いかいうと 決してそうではありません。

逆に必要な栄養素に欠けている「栄養失調」ということも少なくないのです。 まずは、毎日できる生活のひとつひとつのことを改善することが、 成人病の最大の予防となるでしょう。

最新ニュース

このページの先頭へ